評判は本当か風俗を大調査

こんなに好みになるとはという驚き

何気なく遊び始めてだけの風俗ではありましたけど、気付けばもうかれこれ十年以上は遊んでいますかね。始めた遊んだ時のあの緊張感や言い知れぬ興奮は今でも覚えています。ピンサロで遊んだんですけど、待合室では本当にそわそわしました。どんな展開なのかはインターネットである程度調べていましたけど、いざ自分がこれから初めて、そして自分の体で遊ぶとなった時、緊張感が半端なかったのは言うまでもありません。でもその緊張感が快感に変わるのに時間はかかりませんでした。すぐに「これは凄い」というか、そもそも緊張していたことさえ忘れて思うような時間を過ごすことが出来ましたので、自分自身、なんて素晴らしいものなんだろうって気持ちにさせられましたし、そのおかげで風俗は凄いなと。これからも遊ぼうってその場で思ったんですよね。それが今に至るんですけど、さすがにその時にはそこから10年以上もお世話になるものだとは予想もしていませんでした(笑)

レクリエーションというか…

ある意味、風俗はレクリエーションだと思うんですよ。レクリエーションって「楽しいこと」じゃないですか。まさに風俗のことですよ(笑)ただ、レクリエーションって楽しさを享受するって意味合いが強いと思いますけど風俗に関してはホームページ等を駆使して自分なりにいろんなことを求められるものだと思うんですよ。むしろそこが大きな魅力と言うか、それによって自分でもいろんな楽しさに気付かされる部分もあると思うんですよね。だから風俗で遊ぶ時に自分が常々思っているのは、まずは自分なりにがっつり楽しみたいなってことなんですよ。じゃあそのためには何が必要なのかと言うと、女の子を選ぶこと。そして目の前に現れた風俗嬢と前向きな気持ちを持って接すること。レクリエーションって自分の気持ちも大切だと思いますので、風俗嬢と向き合った時に「楽しくさせろよ」じゃなくて「一緒に楽しもう」というスタンスも大切かなって思うんですよね(笑)