評判は本当か風俗を大調査

ホームページで妄想する自分

風俗のホームページの役割とは、いろいろなことを利用者に知らせてくれるということだと思うんですけど、それだけではありません。いろいろな情報を教えてくれるということで、自分も情報を得られるじゃないですか。どんな風俗嬢なのかが見えてきますし、画像だって一応確認出来るじゃないですか。そこで妄想というか、いろいろとシミュレーションするんですよ(笑)掲載されている風俗嬢と遊んだ場合、どんな時間になるのか。プロフィール欄を見ればどんな性格なのかもある程度は把握できますし、分からない部分はイマジネーションで補うとしてどんな展開になるのかをシミュレーションするんです。そこでしっくりくるのが指名するかどうかの第一のハードルですかね(笑)これさえ分かれば、あとはそんなに難しい話ではないので、自分でも好きなように楽しめるんじゃないのかなと思いますし、そこからいろんな気持ちになれるんじゃないのかなって思うんですよ。

快感に気付かされたのかなと

風俗ではいろいろなことに気付かされますけど、自分の性癖もその一つかもしれません。風俗に通って遊ぶようになってから自分の隠された性癖に目覚めたんです。それまで自分はマゾだって思っていたんですよ。攻められるのが好きなので、風俗でも女の子に攻めてもらったり、上手な女の子にお任せしたり。それが自分の中で当たり前になっていたんですけど、ある時相手が物凄く濡れやすい子だったんですよ。それでこちらの中でスイッチが押されたのかもしれません。なぜかその日は攻めたんです。それがとても楽しかったんですよ(笑)そこで気付いたんです。もしかしたら自分は攻めるのも嫌いじゃないのかもとか、もしかしたらサドの素養もあるんじゃないかとか(笑)こういった性癖は日常生活の中では気付くようなシチュエーションはそうそうないじゃないですか。でもそれに気付けたと言うことで、風俗は自分の奥底に眠っている気持ちを掘り起こしてくれるものかもしれないなって。